十勝2×4協会

ホーム > 会員ご紹介 > 仁科建設

地域に根ざすプロフェッショナル 仁科建設

社長インタビュー

仁科勝義社長
仁科勝義社長
会社事務所
会社事務所
賃貸住宅のイメージを覆す「カトルカール」シリーズの外観
賃貸住宅のイメージを覆す「カトルカール」シリーズの外観
カトルカールシリーズでは、外構部分もこだわっている
カトルカールシリーズでは、外構部分もこだわっている
カトルカールシリーズの内部
カトルカールシリーズの内部
モダンデザインの注文住宅
モダンデザインの注文住宅
 

創業40年以上の歴史がある工務店ですが、最近は高品質賃貸住宅「カトルカール」シリーズの施工を手がけるなど新しい試みにも熱心な仁科建設。その裏には、「人の役に立ちたい」と仁科勝義社長自身が地域の活動に地道に参加し、そこから生まれた縁を大切にする工務店ならではの姿がありました。

「プレミアム賃貸※」とオーナーさんが名付けているそうですが、どんな賃貸住宅なんでしょうか?

「賃貸住宅とはこんなもの」というバリアを打ち破り、ヨーロッパの建物のようなおしゃれなデザインと品質が高く住み心地の良い賃貸住宅を目指し、オーナー様、設計事務所、不動産会社と協働して造っています。外壁は高級タイルを使い、外灯や外構までコーディネートしています。プライバシーなどを考慮して1棟あたり4戸以下にするとか、必ず木造にするなどオーナー様に強いこだわりがあります。プラン上は2LDKでも、部屋の広さや収納スペースにゆとりを持たせてあるので床面積が90m2以上ある物件や、平屋のバリアフリー物件など、今までにない特徴があると思います。現在全部で24室ありますが、おかげさまで全て満室です。オーナー様は入居者に良い住まいを提供したいと、建具の納まり具合に至るまで仕事の質や価格やいろんな面でシビアですが、それに応えるため当社もレベルアップできたと思います。

オーナー様と知り合ったのは、商工会議所の活動でお手伝いしたことがご縁で、以来長いおつきあいになります。ほかにも、私はPTA活動もやっていました。こうした活動は地味ですが、地域のために汗を流すことは工務店が地域の方から仕事をいただく機会が多いことを考えると恩返しの意味を含めて重要だと思っています。

※プレミアム賃貸は、登録商標

家づくりで心がけていることは何ですか?

 目に見えないところをしっかりやることです。言うのは簡単ですが、なかなか難しいことです。私だけが気を付けたりわかっていても意味がありません。建築現場で働く全員が同じ思いを共有する必要があります。

そのためには、建物性能を上げる施工上のポイントを現場監督たちがしっかりマスターする必要があります。そうすれば、現場で職人さんたちをきめ細かく見届けて指示が出せるからです。さらに職人さんには、たとえば十勝2×4協会のフレーミング検定時に連れて行ってほかの会員が施工している現場を見せるなど、勉強してもらい、刺激を与えるようにしています。

おかげさまで、仕事の8~9割はお客さまからの紹介受注です。ご紹介いただけることは仕事ぶりも含めて信頼いただいているからだと思います。ご紹介は、家を建てた方だけでなく、協力していただいている工事店や地域の電器屋さんなど、さまざまな方にいただいています。リフォーム工事もご紹介が多いですね。

リフォームにはどう取り組んでいますか?

住宅が高性能化していることと、景気の関係で新築住宅は昔ほどたくさん建たなくなり、住宅市場全体が縮小しています。こうした変化に対応し、既にある住宅のメンテナンスやリフォームに力を入れていこうと考えました。以前から年に1~2回は当社で家を建てていただいたお客さまをご訪問してアフターサービスを行っています。当社では既に売上の4割がリフォームによるものです。

実は、リフォームは新築よりも難しい面があります。それは、リフォームしたい方は「テレビを見て急に思い立った」など、日常生活の中で気持ちが高まることが多いのです。そのため、工事のご相談も「来週の日曜日でも工事してほしい」など新築と違って契約から工事までの日程が短い場合が多いのです。

そうなると資材の手当てはもちろんですが、働く職人さんの確保も重要な問題です。当社は大工など職人を直接雇用しておりますので、急な仕事のご依頼でも対応しやすいのが特徴です。下請けに出している会社ですとスケジュール調整などが必要になりますから。

今後取り組みたいことは?

プレミアム賃貸を建てて感じたことは、建物だけでなく庭や外構にも力を入れると、トータルで家の魅力が高まるということです。戸建住宅をこれから建てるお客さまにもそのことをわかりやすくご説明し、ガーデニングの施工会社とも連携して素敵な提案ができたらと考えています。

会社情報

企業データ 1969年創業
1987年法人化
社内体制 社長、他8名
※有資格者 二級建築士、二級土木施工監理技士など
過去の実績 200棟
過去3年間 約5棟
社名 有限会社仁科建設
住所 〒080-0018
帯広市西8条南9丁目29
TEL 0155-24-6759
FAX 0155-24-0247
HP http://ni47.web.fc2.com/
ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/love247baba/
E-mail k247@nishinakensetu.co.jp

建築総額の傾向

このページの先頭へ