十勝2×4協会

ホーム > 私たちの活動

私たちの活動

十勝2×4協会の特徴と活動

  1. 毎月24日に月例会議を開催。
  2. 毎月24日に新聞広告を掲載。
  3. 会員は、年1回フレーミング検定を受けなければならない。
  4. 会員は年1回気密測定検査を受けなければならない。
  5. 会員は、技術者として単1等級枠組壁建築技能士者を一名以上雇用する。
  6. 各種地方研修 札幌・東京、必要に応じ海外研修も行う。
  7. 会員・ユーザーへの講習会・セミナーの開催。

フレーミング検定

十勝2×4協会会員には、年に最低1件以上のフレーミング検定が義務づけられています。フレーミング検定とは、当協会の担当技術員が建て方の終わった現場(フレーミング完了時)に行き、各種基準に照らし、構造部分が適切に施工されているかをチェックするものです。施工精度のチェックはもちろん、釘打ちのピッチから、構造材の強度に至るまで厳しい検定が行われます。フレーミング検定は、会員住宅の技術水準研さんの場であり、お客様の信頼に応える実証の場です。検定実施にはカナダ林産業審議会(COFI)など海外の優れた技術者の指導をあおぎ、会発足時以来の実績があります


気密測定

十勝2×4協会の会員各社には、フレーミング検定同様、年に最低1回の気密測定が義務づけられています。気密測定とは、住まい全体のすき間の面積を機械的に測定するもので、エアロパスカルと呼ばれる協会所有の気密測定機を用い、担当技術員が測定・分析にあたります。機械を家屋内部に設置し室内の空気を減圧していき、50パスカル時において、換気回数1.5以下ならば当協会認定の高気密住宅(HI-2000住宅)として認定書を発行しています。これを相当隙間面積(=C値)に換算すると、約1.0cm2/m2。最新の北方型住宅ECOの基準値と同等です。この厳しいハードルをずっと以前から会員はクリアしてきました。十勝2×4協会では、会員住宅の技術水準の保持と高気密性能を実証する基準づくりとして十勝管内でいちばんはやく気密測定に取り組み、既に20年近い実績をもっています。


技術講習会・セミナーの開催

COFI/Council of Forest Indestries Canada(カナダ林産業審議会)は、カナダ林業協会員の共通の利益のために幅広い活動を行っている組織です。COFIの組織は、木材製品の振興、森林と環境輸送、政府や民間との折衝、労災、安全管理、NILSの7部門に分かれて活動をして、世界各国のCOFIのネットワークとして、技術顧問をはじめ、それぞれの専門家がビルダー、品質検査官、建設業者、工業界の代表者、住宅・建設関連の政府機関と常にコンタクトを取っています。十勝2×4協会でも設定当初より、COFIの協力の下、アジア地区総代表、技術顧問を招いてのセミナーの開催や国内外の研修を実施し、世界水準レベルでの技術習得・向上に研鑽しています。


海外視察・研修

北米をはじめ海外の先進の住宅施工現場や設計、技術情報にいちはやく触れ吸収するために、協会では定期的に会員を海外視察・研修に派遣して、つねに新しい技術開発につとめています。


このページの先頭へ