十勝2×4協会

ホーム > 会長ご挨拶

会長ご挨拶

今年は、日本におけるツーバイフォー工法がオープン化してから42年となり、当協会も設立から39周年目となりました。
いよいよ来年は、節目であります40周年を迎えます。
これもひとえに会員各社で建設いただいた施主様をはじめ、当協会の運営を支えて下さっております多くの皆様方のお蔭で、今日に至っておりますことに、心より感謝申し上げる次第です。

昨年の十勝は、歴史に残る相次ぐ台風被害で会員の仲間も大きな被害に遭いました。
今も寄せられます多くの励ましに、会としましても厚くお礼を申し上げます。
会員同志の絆が何よりの財産という私どもは、常に時代の新技術の導入と設計力、そして「住まいの町医者的なアフター対応を心掛け、十勝の皆様方と共に地元に根差した活動を続けて参りました。

現在「信頼・安心の絆・とかち2×4エコ住宅」が国の「地域型住宅グリーン化事業」に採択され、5年連続で補助金を活用した適合住宅の建設を進めているところです。
住宅設計から木材の製材・加工、流通に至るまで、長年の活動で培った当協会ならではのグループ連携力が認められ、配分割合も年々増加しています。

私たち地方の実態は、急激な高齢化と人口減社会で「着工数の減少」と共に、「空き家対策」をはじめ「職人の担い手不足」など、様々な困難に立ち向かわなくてなりません。
そのような中、毎月24日(ツーバイフォーの日)の例会では参加者に後継者が加わるようになり、徐々に若い世代へと受け継がれていく空気を感じるようになりました。

小さな力も集まり、若くて新しい感覚と先輩会員の知恵を出し合い、行動すれば来年の設立40周年も無事に迎えることができると思います。

「価値の追求---設立40周年を前に」

本年の活動に対しましても変わらぬご指導、ご高配を賜りますようお願い申し上げます。


2017年1月

十勝2×4協会 会長 赤坂 正

十勝2×4協会 会長 赤坂 正

このページの先頭へ