十勝2×4協会

デザイナーズZEHをめざす Cryptn

社長インタビュー

竹市真巳社長
竹市真巳社長
カフェの雰囲気が残る事務所
カフェの雰囲気が残る事務所
ZEHをめざしたデザイン住宅
ZEHをめざしたデザイン住宅
半地下の隠れ家のような寝室
半地下の隠れ家のような寝室
優美な曲線を描く鉄製のらせん階段
優美な曲線を描く鉄製のらせん階段
空間やデザインにこだわった住宅
空間やデザインにこだわった住宅
凝った造りのキッチン
凝った造りのキッチン

2015年に竹市真巳さんは株式会社Cryptn(クリプトン)を立ち上げました。会社はスタートしたばかりですが、住宅業界の経験は豊富。これまでの仕事ぶりや、これから取り組みたいことなどをインタビューしました。

どういう経緯で住宅業界に関わったのですか?

もともとは、実家の家業を継ぐつもりで家業に必要な勉強を札幌の学校でしていました。ところが、実家が商売をたたむことになり。私は就職先を急いで見つける必要に迫られました。

最初に就職したのは金融業界でした。融資業務で土地や住宅との関わりを持つようになります。ちょうどバブル景気の頃で、不動産業界も景気が良く、「不動産に関わる仕事がしたい」と思うようになりました。

当時、十勝で不動産業を専門的にやる会社はほとんどなく、不動産部門にも力を入れる建設会社に入社しました。勤めながら宅建(宅地建物取引士)資格を取ります。念願かなったものの、会社は注文住宅が中心。土地のことに詳しくても、家の設計となると同僚に頼むことになります。「自分の力で設計して家づくりにもっと深く関わりたい」と考え、仲間の描いた数多くの図面を読んで勉強し、独力で二級建築士の資格も取得します。これで、自ら住宅の設計ができるようになりました。ツーバイフォー工法と出会ったのもこの頃です。

独立を考えたのはいつ頃からですか?

資格を取ってからは、自分が描いた図面で受注が決まるようになり、年間10件以上のお客さまを担当していました。忙しい日々でしたが、「土地探し、営業、設計だけでなく、現場のことも知りたい」と思うようになります。そこで、別の工務店に転職します。小さな会社だったので、営業、設計だけでなく現場管理も任され、家づくりに関わる一通りの仕事を経験しました。また、この工務店はインテリアにも強く、そこでデザインに対する興味関心も深めていきます。

転職して何年かが過ぎた頃、前の職場の上司が独立していました。「住宅部門を強化したい。良かったらいっしょに働かないか」とその上司から誘いを受けます。そこで入社したのがTRADです。

私は自由にやらせてもらえ、仕事にも恵まれましたが、「自分の会社を持ちたい」という気持ちが強くなったことで独立を決意しました。

今後力を入れていきたいことは何ですか

デザイン面では、木を生かした空間づくりに力を入れています。また、省エネで光熱費の負担を減らすZEH(ゼロエネルギー住宅)の普及にも力を入れていきたいです。

自宅は、ほぼZEH仕様で建てられています。これからはツーバイシックス工法(ツーバイフォーの高性能版)に付加断熱をすることでQ値が1.0Wを切る高断熱仕様になります。これで使用するエネルギーを大幅に減らすことができます。さらに使うエネルギーの分だけ太陽光パネルが発電すればZEHとなります。高断熱住宅をベースに、オプションで太陽光発電を取り付けることでZEHになる。そんな提案をしていきたいです。

現在、事務所として使っている建物は、もともと家具メーカーのショールームとして建てられたもの。週末はカフェにもなります。ゆったりと落ち着けるスペースなので、気軽にご相談に来ていただければと思います。

会社情報

企業データ 2015年 創業(2016年1月営業開始)
社内体制 社長
※有資格 二級建築士、宅地建物取引士など
社名 株式会社Cryptn(クリプトン)
住所 〒080-0020
帯広市西10条南12丁目2番
TEL 0155-67-8007
FAX 0155-67-8105
HP http://www.cryptn.net/

このページの先頭へ