十勝2×4協会

ホーム > 会員ご紹介 > イゼンホーム

お客様が納得のいく家づくり イゼンホーム

社長インタビュー

会社事務所入口
会社事務所入口
伊藤智将常務
伊藤智将常務
レンガタイル張りの瀟洒な住宅
レンガタイル張りの瀟洒な住宅
シャープなモダンスタイル
シャープなモダンスタイル
室内も現代的なモダンインテリアで統一
室内も現代的なモダンインテリアで統一
カントリー風のデザインもお客さまのお好み通り
カントリー風のデザインもお客さまのお好み通り

昭和43年、型枠工事の会社としてスタートしたイゼンホーム。現在は住宅建設全般を行い、2×4工法を手がけて20年になります。在籍している26人全員がしっかりと施主に顔を向けながら、誠心誠意の家づくりを続けています。

自社の家づくりのアピールポイントは?

伊善 営業から職人まで、全員がお客様の立場になって行なう家づくりです。家は家族が一生かかっていく大切な生活の器です。性能や使いやすさももちろん大切ですが、そこに住むご家族同士がいかに触れ合えるかということを中心に、お客様と共に考える家づくりをしていると自負しています。ですから打ち合わせには多くの時間をかけます。1年や1年半のあいだに、50~60回打ち合わせをさせていただくことも珍しくありません。

どのようなことを心がけて家づくりをしている?

伊善 お客様のご要望を忠実に実現していくことを最も心がけています。プランの段階でお客様の考え方が変わっていくことはよくありますが、綿密に打ち合わせをしたけれど、実際に建て始めてみるとイメージと違った、ということもあります。そういう場合でも、可能な限りお客様のご要望に応えるようにしています。職人は1度作った物をやり直すことに対して抵抗を感じる人は多いです。でもこれが自分の家だったらやり直したくなるよね、という話をします。変更があっても決して嫌な顔をせず対応していこうという姿勢を、スタッフ全員で実践していると自負しています。

この不況の時代、会社を倒産させないためにどのような努力をしている?

伊善 おかげさまでこの20年ほどはスタッフの人数、棟数実績などは変わっていません。さすがに金額的にはやや落ちてきていますが、先代の時代から無駄遣いをしない会社の気風は続いています。お客様の多用なニーズにしっかり応えられるよう、私や専務は最新技術の勉強は欠かしません。本当は社員全員に研修などを行えるといいのですが、なかなかそれが難しくて実践できませんが、様々なご要望に応えられる準備だけは常にしています。もし我々にもわからないご要望があった場合は、お客様と一緒に勉強させていただく心構えでいます。

2×4住宅は古くから手がけていますが、協会に加入したきっかけは?

伊善 最初に2×4をやり始めたのは火災保険が安くなる準耐火への対応がしやすいという単純な理由からなんです。しかし、やるからにはしっかりした2×4の技術を一から取得したいと考えました。規模の小さい会社では購入が難しい気密測定器を取り入れ、熱心に研究に取り組んでいる協会に加入させていただければしっかりとした技術を習得できると考えたんです。後に自社でも測定器を購入し、間違いない2×4住宅建設に取り組んでいます。

今後新たに取り組みたいことやこれから建てる人へのアドバイスは?

伊善 パッシブ換気、そして自然エネルギーを取り入れた住まいづくりに関心を持っています。それらのことを研究している団体もありますが、まずは自社で研究し、取り組んでいきたいです。
 家は一生かかわるものです。今だけでなく将来のことも視野に入れてプランを立てていくことが大切だと思います。ご家族の皆さんそれぞれのライフスタイルをよく考えた家づくりをしてください。


作品例

会社情報

企業データ 1953年 創業
1968年 伊善建設設立
社内体制 社長・プランナー1名・大工2名・事務1名
合計5名
※有資格者 一級建築士、一級施工管理技士、インテリアプランナー、宅地建物取引士、増改築相談員、一級技能士、二級技能士、木造建築士、型枠施工一級技能、型枠施工二級技能、建築大工一級技能、職業訓練指導員(建築科)、職業訓練指導員(建設科)など
過去の実績 創業以来 累計500~600棟
過去3年間 平均5棟ぐらい
社名 イゼンホーム
(株式会社伊善建設 住宅部)
住所 〒080-0020
帯広市西10条南12丁目4
TEL 0155-25-4146
FAX 0155-25-3974
HP http://www.izenhome.co.jp/
E-mail info@izenhome.co.jp

建築総額の傾向

このページの先頭へ