十勝2×4協会十勝2×4協会

十勝2×4協会ブログ

2019年02月28日

消費税8%と10%、どっちで家を建てるのがおトクか

190111_41d2c448de75d3b_s.jpg

税率10%になると、2700万円の家が2750万円に
今年10月に予定されている消費税10%への引上げ。税別2500万円の家を建てると、今なら税込み2700万円ですが、10%になると税込み2750万円となり、なんと50万円もアップします。

注文住宅の場合、今年3月31日までに工務店と建築工事請負契約を結べば、完成時期が10月以降にずれても税率が8%になることが決まっています。しかし、4月1日以降に契約して完成引き渡しが10月1日以降になれば税率は10%になります。

これから注文住宅で家を建てようとするみなさんが一番気になるのは、「8%の今、家を建てる契約するのがいいのか、それとも10%になってからの方がいいのか」でしょう。

普通に考えれば、8%で建てた方が得なのですが、前回5%から8%に消費税が上がった時、住宅業界は税率引き上げ前にドドッと駆け込み需要があって忙しくなり、そのあとは大幅な受注の落ち込みを経験。一時的に業界が不況になったほどです。

そこで、住宅会社の業界団体が協力し合って、「受注が激増→激減」といったことにならないよう、政府に政策上の配慮を求めていました。

その結果、消費税が10%になっても損にならない政策を打ち出したのです。
具体的な内容は、これから紹介します。


税率10%で家を建てても得する3つの理由
今年4月以降に工務店と建設工事請負契約を結び、完成引き渡しが10月以降の場合に、以下の3つの特典があります。

1.住まい給付金の最大額が30万円から50万円に増え、受給対象となる年収上限が引き上げられ、対象者が増えます
2.住宅ローン減税制度が拡充され、還付金が増えます
3.次世代住宅エコポイント制度が創設されます

この3つの政策により、ローン金額や返済年数にもよりますが、概ね10%になった方が若干得するようになりました。つまり、今から慌てて工務店と契約する必要はありません。

190111_7870-2.jpg

次世代住宅エコポイントは、従来の住宅エコポイントが復活した形です。省エネ基準など一定の性能以上の住宅に30万ポイント発行されます。さらにビルトイン食器洗機や掃除しやすいトイレ、宅配ボックスなど、家事負担を軽減する機器・設備にもポイントが付き、また長期優良住宅やZEHに対しても優遇措置があるため、合計すると最大35万ポイント発行できます。

1ポイント=1円相当ですが、現時点でどのような形で還元されるかは決定していません。

8%と10%でおトク額を比較シミュレーションしてみた
ここでは仮に、2500万円を借り入れ、30年返済、利率は1.31%(フラット35の2月金利)として簡易シミュレーションしてみました。

シミュレーションは、価格com(http://kakaku.com/housing-loan/koujo_simulation.asp)で行っています。なお、ローン減税の延長は確定したわけではないので、シミュレーション条件として入力できません。3年間のローン減税額は仮にローン全体の2%相当として計算しています。また、シミュレーション結果は、簡易計算法によるもので、実際の控除額と異なる場合があります。


<試算の前提条件>
世帯年収500万円(税込み)
家族構成 夫婦+子1人(15歳以下)の3人家族
融資金額2500万円
返済年数30年
利率1.31%

【8%時に契約(2019年3月31日)し、2019年9月に入居する場合】
ローン控除額 210.3万円
すまい給付金 10万円
合 計 220.3万円分お得

【10%時に契約(2019年4月1日)し、2019年10月に入居する場合】
ローン控除額 210.3万円+3年間延長で約50万円=約260万円分お得
すまい給付金 40万円
住宅エコポイント 35万円相当の製品・サービスと交換(詳細は決定していません)
合 計 300万円+35万円相当の製品・サービス=335万円分お得

比較すると、10%になった方が約115万円もおトクになります。
税率アップで50万円高くなりますが、115万円おトクになるのなら、差し引いても65万円分おトクです。


税率アップより金利アップの方が問題
しかし、このシミュレーションは、ずっと住宅価格が同じ、という前提です。
半年先も1年先も住宅工事の価格が現在と同じという保証はありません。
なぜなら、建材や建築設備によく使われる石油化学製品の価格が高騰し、職人不足による人件費の上昇などを背景に、住宅価格は値上がり気味だからです。

道内では、消費税率5%時の2013年に比べると、住宅の工事価格は税込みで15%前後上昇したと言われています。さらにこれから土地を購入する場合、土地価格の高騰も頭に入れる必要があります。十勝でも帯広市内は人気の場所は値上がり気味ですし、なにより売り出す土地がなかなか出てこないという状況です。

昨年も樹脂サッシ、壁紙、断熱材、室内ドア、フローリングなどさまざまな建材が値上がりしました。今年の住宅価格がどうなるかについては、現時点では予想できません。木材や石油化学製品の価格は為替動向にも影響されるからです。

さらに、金利動向も気になります。現在はマイナス金利政策のおかげで住宅ローンはかつてない超低金利で借りられますが、この政策も東京オリンピック前後で終わるのではないか、という見方もあります。金利が1%上がって2.31%になったら、総支払額は400万円以上も増えます。消費税増税よりもこちらのリスクの方を深刻に受け止めた方が良いと思います。


結論:4月以降に契約してOKだけど、見積価格の値上げや金利動向に注意
ここで、今回の話をまとめます。

現在、家づくりを考えている方は、焦って3月31日までに工務店と契約する必要はありません。税率が10%になっても、税率アップの差額を補う分の還元が政府の施策によって行われる予定ですので心配はありません。

ただし、建材価格や人件費、土地価格の上昇が続く可能性がありますので、先延ばしした方がおトクとも言えません。また、次世代住宅エコポイントは現時点では2020年3月までの時限措置です。2020年4月以降はこうした増税に伴う緩和措置が縮小される可能性もあります。今年1年でしっかり家づくりの方向性を定め、お早めに十勝2×4協会の会員工務店にご相談ください。


| コメント(0) | トラックバック(0)

2019年02月09日

平成30年度総会が開かれました

2019年1月24日に平成30年度総会が開かれ、執行部の体制が変わりました。
 

P1100250_ccrrt_s.jpg

竹市会長

 
新会長に株式会社Cryptnの竹市真巳社長が就任しました。これまで9年の長きにわたって会長を務めた株式会社赤坂建設の赤坂正社長は勇退し、会計監査役に就任しました。
 

また、副会長には(株)カントリーヴィレッジの朝日良昌社長と、(株)伊善建設の伊藤智将常務が新たに就任しました。

  
今後とも、十勝2×4協会をよろしくお願いいたします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2018年10月30日

十勝2×4協会40周年記念式典の様子が勝毎に掲載されました

10月24日に開催された、十勝ツーバイフォー協会40周年記念式典と講演会の模様が十勝毎日新聞に掲載されました。

181025_kachimai.jpg
また、式典に参加したCOFI(カナダ林産業審議会)のショーン・ローラー氏の来帯の記事も同じ面に掲載され、かなり目立つ扱いとなりました。

新聞では連日、当協会の記事が掲載されました。
あらためてご紹介したいと思います。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2018年10月24日

40周年記念広告の掲載

今日は立て続けに投稿いたします。

昨日の十勝毎日新聞に、40周年を記念した1ページ広告が掲載しました。

181023_kachimai_ad.jpg
※上記画像をクリックすると、別画面に拡大表示されます

これからまた、50周年、100周年と多くの会員と共に祝えるよう、地道な活動を続け、十勝の住宅の質の向上に貢献してまいりたいと思います。十勝のみなさま、今後とも引き続き、よろしくお願いいたします。





| コメント(0) | トラックバック(0)

2018年10月24日

勝毎連載記事のご紹介:十勝2×4協会40周年 切磋琢磨の家作り(2)

十勝毎日新聞の連載2回目です。

十勝2×4協会の会員が建てる住宅の品質について、「フレーミング検査」と「気密性能検査」の2つの検査を自主的に行ったことと、クレームの原因や逆に好評だった取り組みなどを会の中で積極的に発表したり、話し合ったりしたことで、会員の施工レベルが平均的に上がり、それがお客さまからの良い評判につながり、受注につながったことで、ツーバイフォー工法が十勝管内に根付いた原因だとまとめられています。

ツーバイフォー工法の比率は過半数を超えており、ここまで普及したのは十勝だけです。

181023_kachimai_2.jpg

当協会が結成された背景には、管外から進出してきた大手ハウスメーカーに対抗する意味合いもありました。
本来ライバルであるはずの地元工務店が手を取り、お互いが切磋琢磨することでレベルを上げ、結果的に生き残ることができたのです。

もちろん、十勝のみなさまの時には厳しく、時には温かいお声もたくさんちょうだいしました。
そうした家づくりに対する真剣な声が私たちの家づくりを進歩させたのだと思います。


| コメント(0) | トラックバック(0)

このページの先頭へ